ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

トーマス・エジソン

f0229700_5375910.jpg


 発明王、トーマス・エジソンの実験室は、1914年12月、火事でほとんど全焼した。被害総額は200万ドルを上回ったが、保険は23万8000ドルしかかけていなかった。コンクリートの建物は火事に強いと思われていたからである。エジソンが生涯をかけて作った試作品の多くが、この大火によって失われてしまった。燃えさかる火事の真っただ中で、24歳の息子チャールズは、煙とがれきの中を、懸命に父親の姿を捜し求めた。やっと見つけて父は、目前の光景を静かに見守っていた。顔は火の照り返しで赤々と輝き、白髪が風に揺れていた。

「父の心中を思って胸が痛くなりました」と後日チャールズは言った。「父は67歳、もう若くはありません。なのにすべてが火に呑まれてしまったんです。父は私に気づくと、大声でこう叫びました。「お母さんはどこだ?」「どこだかわからないんだよ」「じゃ見つけて、連れてこい。こんなものはもう二度とお目にかかれないぞ」

 翌朝、エジソンは焼け跡を見てこう言った。「災いにはすばらしい価値があるんだ。誤りをすべて燃やしてくれたよ。ありがたいね、またゼロからスタートできるじゃないか」この火事から3週間後、エジソンは最初の蓄音機を世に送り出した。

「聖書だけが私たちに救い主イエス・キリストを示してくれる。それゆえに、聖書は私たちの全生涯を造り変えることができる力の源泉である。」 トーマス・エジソン
[PR]
by carbondalle1996 | 2014-11-20 23:37 | 日記 | Comments(0)
<< 誰の信仰ですか? 秋田朝祷会 >>