ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

ヨハネの疑問

f0229700_6413666.jpg


 パリサイ人たちはイエス様がなされた奇跡を、悪霊の力だと非難しました。実はバプテスマのヨハネも、イエス様が来るべきメシヤかという疑問をもちました。ヨハネが牢獄から弟子たちをイエス様のところに遣わして、「あなたこそ来るべきお方でしょうか」と尋ねます。そのときイエス様はヨハネの弟子たちにこう言いました。

イエスは答えて言われた、「行って、あなたがたが見聞きしていることをヨハネに報告しなさい。盲人は見え、足なえは歩き、らい病人はきよまり、耳しいは聞え、死人は生きかえり、貧しい人々は福音を聞かされている。わたしにつまずかない者は、さいわいである」。(マタイ11章4~6節)

 イエス様はこのガリラヤ湖畔のカペナウムで、盲人の目を開き、中風の足を治し歩くようにし、らい病人が清められ、口のきけない人が話しだし、死人が生き返り、悪霊は追い出され、長血の女性が癒される等の奇跡を見て来ました。イザヤ書を読むとこうした奇跡の一つ一つがメシヤのしるしだと書かれています。イエス様はこうした癒しの奇跡を通してご自身がメシヤであることを証明しました。

 あなたはイエス様が自分にとって本当に救い主だろうか?そのような疑問を抱いたことはありませんか。イエス様は、「わたしのわざを見て信じなさい」とも教えています。歴史上でこのような奇跡を起こした人は誰もいません。そしてイエス様は私たちを絶望から希望へと移してくださいました。まさに真の光です。このお方こそ私たちの救い主イエス・キリストです。イエス様を信じる歩みをしましょう。
[PR]
by carbondalle1996 | 2014-11-28 06:41 | 日記 | Comments(0)
<< 祈りは奇跡を呼ぶ うなじのこわい民 >>