ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

クリスマス礼拝

f0229700_6221443.jpg


 1818年12月23日、クリスマス・イブの前の夜、オーストリアのザルツブルクの北約15kmにある、オーベルンドルフという村の小さな教会のパイプ・オルガンの中にネズミが忍び込み、弦をかじっていました。そして翌日、クリスマス・イブの朝、この教会の若いオルガン奏者フランツ・グルーバーが夜のミサに備えて、オルガンの練習を始めようとしました。しかしオルガンは、空気のなるスーという音がするだけで、音楽を奏でません。彼は変に思い、オルガンの中を調べてみると、ネズミにかじられた跡がありました。至急にオルガンの修理と言っても、クルスマス・イブ当日に遠くから修理人を呼び寄せるのは不可能です。これではクリスマス・イブのオルガン伴奏ができないと、グルーバーはとても落胆し、途方に暮れてしまいました。

 そこへグルーバーの友人で、助任司祭のヨゼフ・モールがやってきました。考えたモールは、2年前からしたためていた「キリスト誕生の歌詞」を、教会オルガニストのグルーバーに渡し、この歌詞にギターで伴奏ができるように作曲したらどうかと提案しました。モールは内気な性格で、歌詞は作ったが発表できないままでした。これを聞いたグルーバーは、教会で讃美歌をギターで弾くことは認められていないからと一度は断りました。しかし、モールの歌詞がとても繊細で美しいと判り、グルーバーは数時間で曲を作りあげました。出来上がったのはミサが始まる数時間前でした。

 そしてクリスマス・イブの夜、村人たちが教会にやってきました。ミサが始まっても、オルガンの演奏が全くないことに、村人たちはざわめき始めました。礼拝が始まって、神父のお話が終わってから、モールとグルーバーが出てきて、今までの事情を正直に説明し、その代わりに、これからミサにふさわしい新しい曲を披露しますと言って、モールの歌詞を演奏しました。これが讃美歌109番「きよしこの夜」です。神様はどんなマイナスもプラスに変えてくださる不思議なお方。あなたの人生のマイナスも必ずプラスに変わります。なぜなら十字架のマークは「プラス」だからです!栄光在主


f0229700_621116.jpg


 今日はクリスマス礼拝。神様がこんなに大勢の人々を教会に送ってくださいました。中には何年ぶりに会えた人、初めてお会いする人、久しぶりに会えた人、いろいろです。神様は私たちの教会に不思議を起こしてくださいました。神様の名は不思議。メリークリスマス!

 
[PR]
by carbondalle1996 | 2014-12-21 23:18 | 日記 | Comments(0)
<< 氷の結晶とアナと雪の女王 クリスマスのメッセージ >>