ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

アンデルセン

f0229700_5353438.jpg


 童話の王様アンデルセンは、1805年、デンマークはヒューン島のオーデンセと言う町の貧しい家庭に生まれ育ちました。あの有名な「マッチ売りの少女」は、アンデルセンのお母さんの少女時代の体験を元にして、書かれた作品だと言われています。アンデルセンのお父さんは、しがない靴職人でした。家族を養うため、お金持ちの人の身代わりとなって軍隊に入りましたが、健康を損ね、若くしてこの世を去りました。

 貧しかったアンデルセンは貧民学校へ入りましたが、学校に馴染むことができずに貧民学校を辞めてしまいました。ですから、彼はほとんど学歴も無いままに、14歳で一人故郷のヒューン島を離れるのです。向かう先は首都コペンハーゲンのあるシェラン島。そのときのことをアンデルセンはこう書いています。

 「いよいよ船が私の生まれたヒューン島を離れると、急に私は誰もかまってくれることのない孤独を感じ始めた。そして天の神様の他に誰も頼るものがないことをしみじみと感じた。シェラン島に着いて陸地を踏むと、すぐに私は海岸に立っている小屋のかげに行って、そこにひざまずいて神様に私をお導きくださるように祈った。」

 アンデルセンの時代は厳しい身分社会でした。そんな中で極端に貧しい階層の出であったアンデルセンは、ずいぶん悔しい、辛い扱いを受けました。しかし神様はアンデルセンを見放しはしませんでした。ヨナス・コリンという枢密顧問官にその文才を認められ、息子同然に育ててもらい、ラテン語学校、さらにはコペンハーゲン大学にまで進ませてもらう幸運を得るのです。

 しかしそれでもまだ、根強い身分社会の中で、彼を視る世間の目は暖かいものではありませんでした。彼が作家として他のヨーロッパの国々でその才能が高く評価されても、母国デンマークでは、なかなかその価値を認めてもらえませんでした。また、4つの恋も実ることなく片思いに終わり、アンデルセンは生涯独身でした。しかし、彼は自伝の中でこう記しています。

 「私は子供の時と同じように、いよいよいけなくなると神様がお助け下さるものと信じていた。私は幸運の星を持っている。そして、それは神様への信仰に他ならない。」 ですからアンデルセンが、みにくいアヒルの子から素晴らしい白鳥に成長した物語の最後で白鳥にこう言わせているのは、まさに彼の実感であったと思われます。「僕が、みにくいアヒルの子だったとき、だれがこのような多くの幸福を夢見たろう!」愛の主は、信じる者に、限りない恵みを与え、豊かに養ってくださるお方なのです。

         ~武井博先生「ぶどうの木につながれて」より~

f0229700_538137.jpg

[PR]
by carbondalle1996 | 2015-01-18 05:33 | 日記 | Comments(0)
<< ただで与えなさい 天国への冒険 >>