ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

神様にゆだねて感謝する

 私達は時に心の平安が無くなってしまうときがあります。ときには経済的な問題、家族に起こる問題、会社でのトラブル、近所とのトラブルなど、人間関係のトラブルなど、私達はそのような出来事に遭遇するとすぐに平安が無くなってしまい、心配で夜も寝れなくなるときがあります。そのようなときにどうやって、私達は心の平安を得れば良いでしょうか。ピリピ人への手紙の中でパウロはこうおしえています。

何事も思い煩ってはならない。ただ、事ごとに、感謝をもって祈と願いとをささげ、あなたがたの求めるところを神に申し上げるがよい。そうすれば、人知ではとうてい測り知ることのできない神の平安が、あなたがたの心と思いとを、キリスト・イエスにあって守るであろう。(ピリピ4章6~7節)

 私は先日、仕事である失敗をして落ち込んでしまいました。食欲が無いのですが、不安からのストレスでたくさん食事を取ってしまい、夜も眠れず、何もする気になれませんでした。翌朝、落ち込んだ状態で起きました。そのときのピリピ書4章を読み、神様にお祈りしました。そして全てを神様の御手にお委ねしました。すると不思議と心に平安が与えられました。

 これこそ私たちが神様から頂いた平安です。これは人知ではとうてい測り知ることのできない平安です。思い煩うことがないという人生は、どんなに幸せなことでしょうか。普通は、思い煩うのがこの世の生活です。思い煩いの無い人などいません。しかし聖書は、思い煩わずにそれを感謝して、神様に委ねなさいと言っています。ですから私たちの手に握っていた思い煩いを手放して、神様の手にそれを握って頂く。この世界を知っているからこそ、私達クリスチャンはいつも心に平安があるのです。

 あなたは今、問題がありますか?その問題を神様に感謝して、神様の御手に委ねましょう。神様は必ずあなたの心にすばらしい平安を与えてくださいます。そして神様が最善をなしてくださいます。

f0229700_16414030.jpg


          本日の秋田朝祷会の様子

f0229700_16422719.jpg


         会場は秋田キリスト教会

         特製の牛鍋です

f0229700_16431187.jpg



         トマト味のスープも最高でした!
[PR]
by carbondalle1996 | 2015-01-22 16:44 | 日記 | Comments(0)
<< フランチェスコの回心 平安を得る唯一の方法 >>