ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

一羽の雀でさえ・・・

f0229700_771230.jpg


二羽のすずめは一アサリオンで売られているではないか。しかもあなたがたの父の許しがなければ、その一羽も地に落ちることはない。またあなたがたの頭の毛までも、みな数えられている。それだから、恐れることはない。あなたがたは多くのすずめよりも、まさった者である。(マタイ10章29~31節)

 アサリオンとは当時の通貨の単位です。二羽の雀という表現は、一羽では値もつかないほど価値の無いという意味です。つまり一羽では値段が付けられない程価値が無い雀という意味。当時のユダヤ社会では、価値の無い物のたとえとして雀が表現されていたのだと思います。

 そのように人々から価値が無いと見られている雀でさえも、父なる神様の許しが無ければ地に落ちることはない。つまり、そのような価値の無いと思われている雀でさえ、神様はこれを愛し、養ってくださっている。だから恐れることは無いとイエス様はおっしゃっているのです。

 どうしてでしょうか。人間は雀よりも勝った者だからです。人から価値が無いと思われている雀でさえも神様は雀を尊い存在と見られ、これを養ってくださっています。だとしたら雀よりもはるかに価値ある人間がどうして神様から愛されないことがえるでしょうか。いいえ、そのようなことはありません。創造の冠である私達人間を、神様は高価で尊いと見ておられます。神様は私たちを愛し、顧みてくださいます。

 あなたは今、何を恐れていますか?あなたは神様がご自身に似せて造られた創造の冠なる人間です。神様はあなたを誰よりも愛し、あなたを尊いと見ています。神様は今日もあなたと共におられます。神様の愛を信じて、これを受け取る者となってください。神様はあなたを愛しています。
[PR]
by carbondalle1996 | 2015-01-29 07:08 | 日記 | Comments(0)
<< わたし達の弁護者 まことのいのち >>