ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

十字架の話

f0229700_155177.jpg


 Yさんは18歳まで香川県高松市の郊外に住んでおりました。当時、大学受験を目の前にして部屋で勉強をしていましたら、一人の方がメガホンを持って家の前を大声で叫びながら歩いていました。「みなさん、こちらはキリスト教会です。今晩、当教会におきまして特別伝道集会を開きます。講師は東京からキャリコ先生をお招きしました。」この「キャリコ」という珍しい言葉に心惹かれ、本物の英語を聞くのも大学受験の参考になると思い、その晩Yさんは教会に行くことにしました。

 教会に行ってみると、六畳一間ほどの部屋にアメリカ人が10人くらい囲み、真ん中に3、4人の日本人が捕虜のように座っておりました。Yさんはどうしようかと迷いましたが、英語の勉強だから仕方がないと思いそこに座りました。いよいよキャリコ先生のお話が始まりました。しかしなんとキャリコ先生は流暢な日本語でお話をしたのです。そしてキャリコ先生は初めから終わりまで、Y先生の眼をじっと見ながら「あなたは罪人です」と言ったのです。

 Yさんは憤慨しました。「どうぞおいでください」と言うから来てやったのに、人を罪人呼ばわりするとはとんでもないと思ったのですが、逃げるわけにもゆきません。「神様はあなたを愛しています。イエス・キリストはあなたを愛し、あなたの身代わりとなって、十字架に掛かって死んだのです」と言う言葉が心に暖かく飛び込んできました。

 実は、Yさんは小学生の時、両親の離婚によって祖父母のところから預けられ、自分はいらない人間だと捨てられたような少年時代を過ごしていましたので、愛という言葉に敏感だったのです。お話を聞いていくうちに心が熱くなり、集会の最後に、「皆さんの中でイエス・キリストを信じたい人は手を挙げてください」という招きがあり、Yさんはなんと手を挙げたのです。

 彼はその晩、イエス・キリストを信じました。本当に突然のことでしたけれども、心の中に大きな変化が起こりました。イエス様を信じて10日ぐらいして、Yさんは教会にあった太鼓を叩きながら、「みなさん、すばらしいニュースがあります。イエス・キリストはみなさんのために十字架に掛かってくださったのです」と叫びながら町中を行進していました。イエス・キリストの十字架の話、神様の愛の話をすることが、嬉しくて仕方がない程に変えられたそうです。Yさんはその後献身し牧師となりました。

 神を畏れるということを知っている人間は、神以外の何物も恐れることはなくなります。逆に言えば、神を畏れない人は、実に様々なものを恐れながら生きています。ですから私たちが自分の生活を生きるとき、「あれが怖い、これが怖い」と、何かに対していつも恐れや不安を抱いているのは、真の神様を畏れることをまだ知らないからだと言えます。真の神様だけを畏れる人生を歩みましょう。
[PR]
by carbondalle1996 | 2015-01-31 15:52 | 日記 | Comments(0)
<< 開拓教会に新車を わたし達の弁護者 >>