ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

みことばの剣

f0229700_6125897.jpg


地上に平和をもたらすために、わたしがきたと思うな。平和ではなく、つるぎを投げ込むためにきたのである。(マタイ10章34節)

 イエス様は地上に平和ではなく、戦争を起こすために来たのでしょうか。いいえ、違います。クリスマスでイエス様の誕生を学びましたが、イエス様はこの地上に平和の君、「prince of Peace」として降誕されました。このお方の中に争いはありません。イエス様がその生涯において剣をもって戦った、また人々を戦いに導いたという記事はありません。イエス様は御自身が捕まるときでさえ、「剣を取る者は、剣で滅びる」と言って剣を取ることを戒めました。

 イエス様は平和をもたらすためにこの世にこられたのです。ですがその平和を得るためには、剣も必要というのです。しかし、ここでいう剣は戦争の道具としての剣ではなく、み言葉の剣です。イエスの福音はそれを聞く者にとり、胸を打ち、胸を刺し通す剣となります。またイエス様の存在そのものが人間社会を、また家族関係を貫く剣となります。それは結果として、イエスを信じる者と信じない者とを二分するからです。

 「万軍の主、この方を、聖なる方とし、この方を、あなたがたの恐れ、この方を、あなたがたのおののきとせよ。そうすれば、この方が聖所となられる。しかし、イスラエルの二つの家には妨げの石とつまずきの岩、 エルサレムの住民にはわなとなり、落とし穴となる。 多くの者がそれにつまずき、倒れて砕かれ、 わなにかけられて捕えられる。」(イザヤ書8:13~15)

 ユダヤ人はイエス様によって二分されました。イエス様を救い主として受け入れた者には聖所となり、そうでない者にとってはつまずきの岩となって、倒れて砕かれ、わなにかけられて捕えられてしまいました。この預言は紀元70年に成就しました。エルサレムがローマ軍に包囲され、多くのユダヤ人はローマ軍に捕えられました。しかし、ユダヤ人クリスチャンはそのときイエス様の言葉を思い出し、山に逃げて難を逃れました。まさにイエス様の御言葉の剣がユダヤ人の運命を二分しました。

 あなたにとってイエス・キリストは救いの岩ですか?それともつまずきの岩ですか?このお方にあなたの身を避けるならば、主はあなたを守り安全な地へと導いてくださいます。今日も主に信頼して歩んで行きましょう。
[PR]
by carbondalle1996 | 2015-02-02 06:13 | 日記 | Comments(0)
<< この世界は夜から始まった 開拓教会に新車を >>