ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

天国は本当にある

f0229700_6565755.jpg


 「天国は本当にある」という映画が上映されました。一人の少年が天国へ行って帰ってきたその出来事を映画にしたものです。その少年は人々に天国の存在を伝えたくて、このタイトルを選びました。少年がある日、牧師である父親に「僕は天国でおじいちゃんに会った」と言いました。父親が「どうしてその人がおじいちゃんだとわかったの」と尋ねると、「その人が僕を抱っこして、君のお父さんのお父さんだよ」とおしえてくれたからだそうです。

 父親はおじいちゃんの写真を息子に見せましたが、息子は違うと言いました。父親はやっぱり息子は夢でも見たのだろうと思ったのですが、気になることがあり、部屋の奥からおじいちゃんの青年時代の写真を見つけて息子に見せました。すると息子は、「この人がおじいちゃんだよ」と言いました。天国では老人はいません。みんなが青年の姿です。
  
 しかしイエス様は死んで行く天国だけを語ったのではありません。私たちはこの地上でイエス様を救い主として受け入れるならば、そこに神の支配が起こり、私たちの心に神の国が始まるのです。

 人々は荒野へ出て行きました。荒野という言葉はミドヴァールと言います。これは「語る」とか「言葉」という意味のヘブル語ダヴァールから派生した言葉です。つまり荒野とは神様の語りかけを聴く場所。神様の声を聴く場所。それが荒野です。私たちの人生にも荒野はあります。どうしてこんな不幸になってしまったのか。なぜこんな失敗を犯してしまったのか。しかし聖書には、「荒野で主の恵みを得た」と書かれています。

 荒野は誰もが行きたくない場所で、通りたくない人生の苦難です。しかし、荒野を通らなければ人は神様に出会うという恵みに預かることもありません。であるならば荒野もまた神様の恵みとなります。人々は荒野に出て行き、風に揺らぐ葦を見に行ったのではありません。どんな北風が吹いても揺れずに神様に根を張って立つバプテスマのヨハネに会うために行ったのです。ヨハネをエリヤとして受け入れる者は、イエス・キリストを受け入れ、神の国はその人の中に生まれます。あなたもどうぞイエス様を心に迎え入れてください。
[PR]
by carbondalle1996 | 2015-02-28 23:55 | 日記 | Comments(0)
<< 教会の霊的系図 神の国はほとばしる >>