ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

ツロとシドンよりも

f0229700_8521114.jpg


しかし、おまえたちに言っておく。さばきの日には、ツロとシドンの方がおまえたちよりも、耐えやすいであろう。 ああ、カペナウムよ、おまえは天にまで上げられようとでもいうのか。黄泉にまで落されるであろう。おまえの中でなされた力あるわざが、もしソドムでなされたなら、その町は今日までも残っていたであろう。 しかし、あなたがたに言う。さばきの日には、ソドムの地の方がおまえよりは耐えやすいであろう」。(マタイ11章22~24節)

 これらの地名は二つのグループに分けることができます。一つはコラジン、ベツサイダ、カペナウムで、これらはイエス様が伝道されたガリラヤ湖周辺の町の名前です。もう一つのグループはツロとシドンとソドムです。ソドムとは創世記に登場する町の名前で、その罪深さのために神様自らが火と硫黄によって滅ぼされた町です。

 ツロとシドンは地中海沿岸にあるフェニキア人の町です。イザヤ書やエゼキエル書を読みますと、神様がツロとシドンの罪のゆえに裁きが下されるという預言が書かれています。ですからユダヤ人にとって異邦人の町ツロとシドンは忌むべき町。ツロとシドンは栄えたかもしれないが、ソドムの町と同じようにやがて神様によって滅ぼされるとユダヤ人は信じていました。ユダヤ人が忌み嫌っていた町の名前がツロとシドンです。

 ところがイエス様はそうではないと言いました。イエス様は、コラジンもベツサイダもカペナウムも、悔い改めて神様に立ち返らないならば、あなたがたの罪の方がツロやシドンよりも重いと言いました。なぜならばこれらの町々でイエス様は多くの奇跡や癒しを行ったのに、彼らは悔い改めなかったからです。ツロやシドンがカペナウムやベツサイダで行われたような神様の力ある奇跡を見ていたならば、彼らはとっくに悔い改めたでしょう。だから裁きの日には、ツロとシドンの方がコラジンやベツサイダよりも罪は軽いのだとイエス様は言いました。

 イエス様の奇跡をその目で見ていながら、彼らは関心を示さず無関心となりました。それはツロやシドンの罪以上に重い罪なのです。あなたは神様に対して無関心だったことがありませんか。光なるイエス様に関心を持ち、イエス様に近づきましょう。主はあなたを愛しています。
[PR]
by carbondalle1996 | 2015-03-05 08:52 | 日記 | Comments(0)
<< 隣人のために損をする 恥の心を呼び起こす >>