ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

朱基徹牧師

f0229700_15493265.jpg
                 
 あるキリスト教団のホームページに戦争責任告白文が掲載されておりました。「私たちは、かつて日本基督教団に所属し、天皇を神とした国家の中で、イエス・キリストのみが主であることを正しくかつ十分に告白することをしませんでした。そして私たちは国家の誤った教えと政策に対して妥協し、へつらい、福音の真理をゆがめました。私たちはまた、国家が推進した植民地支配や侵略戦争に加担、協力し、信仰を貫こうとする兄姉が迫害を受けた時、助ける事をせず排除さえしました。・・」

 1941年に政府は国内の宗教統制を目的とし、宗教団体法の下でプロテスタント諸教会を日本基督教団という一つの団体に統合しました。戦時体制に協力した教団は、教団統理の富田牧師を平壌に派遣し、神社参拝拒否を唱える教会代表に説得を試みました。富田牧師は120名の長老教会代表者に、「神社参拝は宗教ではなく、儀礼としての参拝である」と説得を試みましたが、長老教会の代表者・教職者たちは「神社参拝は偶像礼拝の罪である」と拒否しました。

 このとき長老教会の朱基徹(チュ・キチョル)牧師は、富田牧師に反問しました。「富田牧師、あなたは豊かな神学知識をもっておられる。しかし、あなたは聖書を知りません。神社参拝は明らかに十戒の第一戒を破っているのに、どうして罪にならないと言われるのですか。」神社参拝を拒否した朱牧師は、その後4度投獄され、1944年4月21日に49歳の若さで平壌刑務所にて亡くなりました。彼は拷問されている時でも、「天皇は地獄に落ちるのか」との憲兵の問いに対して、「人間はすべて同じ、天皇も、神を信じず過ちを犯せば地獄に落ちます」と答えたそうです。

 1942年のホーリネス弾圧事件では、ホーリネス系122名の牧師が検挙された際に、「不純物の排除であり、当局の措置に感謝する」とさえ教団は発表しました。戦争責任告白文に「このような私たちの弱さが、今も引き継がれていることにおそれを抱きます」と綴られています。私たちの教会は、政府によって検挙され、教団から排除されたホーリネス系の流れですが、私にも彼らと同じ弱さを見出します。弱さを隠さず、自分にある弱さを認める強さを持ちたいといつも願わされます。

 使徒パウロは、「弱い時にこそ、わたしは強い」と告白しました。それは弱さの中に主が働いてくださるからです。日々、主の十字架を見上げて歩みましょう。


f0229700_15563130.jpg

[PR]
by carbondalle1996 | 2015-03-08 15:51 | 日記 | Comments(3)
Commented by at 2017-12-10 15:28 x
テスト送信
Commented by 神近蜜花(かみちかミカ) at 2017-12-11 08:21 x
この、朱基徹牧師の『殉教物語』は、最近よくお聞きしますが、何かやるせない、複雑な想いがします。
私は、キリスト教会付属の幼稚園で学び、また小中学校時代も、しばしば日曜教会学校に通い、クリスマスなどの楽しい思い出もあります。
しかし、この『朱基徹氏のエピソード』については、その当時は聞いたこともありません。近年になってからキリスト教関係者の間で喧伝されるようになり、すこし訝しい感じがします。
 もちろん、私は、朱基徹氏のことは、いたましく思いますし、胸の痛みを感じます。
 しかし、この『朱基徹氏の殉教物語?』には、ある種の意図的な誇張や作り話がまざってると思います。
戦前の大日本帝国が尊大だったことは事実ですが、キリスト教を迫害していたことはありません。!(少なくとも、『正統派キリスト教』に対しては迫害してはいません)
ところで、この『朱基徹殉教物語』によると、日本の憲兵が『天皇でも、地獄におちるのか?』と朱基徹に質問したとありますが、私には事実性に疑問に感じます。
そういう質問のしかたは憲兵はしていないと思います。質問内容それ自体が天皇陛下に失礼なことですし、例え仮定的な誘導尋問であっても、そんなことは当時の日本人であればしないと思います。
また、その質問に対して朱基徹は『天皇でも、悪事をすれば地獄に落ちる』といったらしいですが、これはクリスチャンにふさわしい言葉ではありません。!!!
もし、誠のクリスチャンであれば、『□□は地獄におちるのか?』と問われたら、『それは、神様がお決めになることであり、私には人を裁くことはできません』と答えるはずでしょう。
 最近、クリスチャンのあいだで、『戦争責任』の、問題が提起されているようです。しかし、戦争を、知らない子どもたちに、そういう事を、おっしゃるのは見当違いです。
『戦争を知らない子どもたち』には、戦争責任はありません!!!『戦争を知らない子どもたち』には、戦争中に行われた事を謝罪する義務は、いっさいありません。
戦争を知らない世代のわかものに対して、戦争責任の負い目をおわせようとするのは、日本の同胞の若者たちを愛する行為ではありません。!!!!!!!
Commented by 神近蜜花(かみちかミカ) at 2017-12-12 07:26 x
朱基徹氏の投獄事件は、私個人としては、確かに痛ましいことだとは思いますが、この問題はもっと客観的に公正な立場から考える必要があると思います。
韓国人の一部の教派的なキリスト教徒だけの言い分だけを、鵜呑みにしてはいけません。
 そもそも、大日本帝国は、朝鮮半島だけではなく、台湾や、サイパン島などの太平洋諸国、ニューギニアのラバウルなども占領統治していました。
台湾には多くのキリスト者がいますし、サイパン島やラバウルも、土俗的な原始呪術的宗教が残っているとは言え、公的には、大半のひとはクリスチャンでした。
しかし、大日本帝国が現地のクリスチャンを迫害していたなどと云う事実はまったくありません。また彼らが当時の日本帝国と軋轢を生じていたわけでもありません。
ただ、韓国朝鮮人のキリスト教徒だけが、いろんな問題を引き起こしているのです。。。。だとすれば、韓国朝鮮人のキリスト教徒には、他の国際社会のキリスト教には見られない特異な傾向があると見るのが、中立的客観的な見方でしょう!!
 つまり、韓国朝鮮人のキリスト教は、当初から、反日的な政治運動と結びついて教線を伸ばしていたのではないかと思います。(もちろん、韓国朝鮮人の立場からは、当然、いろんな言い分はあるでしょう)。。。ただ私たち日本人が彼らの言い分や体験談に、安易に共感する必要はないと思います。
 こういう問題は、もっと客観的に正しい裁きができる人でなければ判断できないのではないでしょうか?。
繰り返しいいますが、確かに朱基徹先生の殉教は痛ましいことです。ただし、こういう話を執拗に蒸し返すことは、日本人と韓国朝鮮人との間の、真の和解に役立つことだとは、私には思えません。
<< 賢い者と幼子と マーサ・ベリー >>