ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

唯一の仲保者

f0229700_536453.jpg


父よ、これはまことにみこころにかなった事でした。すべての事は父からわたしに任せられています。そして、子を知る者は父のほかにはなく、父を知る者は、子と、父をあらわそうとして子が選んだ者とのほかに、だれもありません。(マタイ11章26~27節)

 「すべてのものが、わたしの父から、わたしに渡されています」とは、天上においても地上においても全ての権威が、神様から子であるイエス様に渡されているという意味です。イエス様は一体どんな権威を持っていたのでしょうか。マタイ福音書16章でイエス様は教会に対して、「あなたに天国の鍵を授けよう。あなたが地上でつなぐことは、天でもつながれ、地上で解くことは天でも解かれる」と言いました。これはイエス様が父なる神様から与えられた権威です。

 イエス様が父なる神様から与えられた権威について、イエス様がゲツセマネの園でローマ兵に捕えられた時の言葉が示しています。イエス様は剣を抜いた弟子に向かって、「わたしが父に願って天の使い12軍団を遣わしていただくことができないと思うのか」と言いました。イエス様には天の軍勢を地上に遣わすほどの権威を父なる神様から与えられていたことがわかります。これが父なる神様と子なるイエス様の特別な関係です。

 ですから御子を知るには父なる神様の啓示が必要であり、父なる神様を知るには御子イエス様の啓示が必要です。つまり父なる神様と私達とは直接の関係ではなく、御子イエス・キリストを介して初めて父なる神様と呼べる関係となります。ですから私たちが神様にお祈りするときに何と祈りますか。「イエス・キリストの名によって」と言います。私達はイエス・キリストを通して神様の子となれるのです。テモテ第一の手紙にこう書かれています。

神は唯一であり、神と人との間の仲保者もただひとりであって、それは人なるキリスト・イエスである。(Ⅰテモテ2章5節)

 イエス様が私たちと神様との間に立ってくださる唯一の方です。私たちは父なる神様を知らずに生きてきました。しかし、今は御子イエス・キリストの血潮により罪赦され、イエス様によって神の子供として養子縁組されました。イエス様は、私たちと父なる神様との間に立つ唯一の仲保者です。このお方を通してあなたも神の子となります。イエス様を私たちの心に迎えて、今日という日を歩みましょう。
[PR]
by carbondalle1996 | 2015-03-11 05:35 | 日記 | Comments(0)
<< Come to Me 十字架の主を誇る >>