ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

わたしのためではなく

f0229700_6471100.jpg


イエスは女たちの方に振りむいて言われた、「エルサレムの娘たちよ、わたしのために泣くな。むしろ、あなたがた自身のため、また自分の子供たちのために泣くがよい。(ルカ23章28節)

 イエス様が十字架を負ってゴルゴダの丘へ行く途中に、女性の弟子たちに逢いました。彼女たちはイエス様の姿を見て泣きだしました。彼女たちは「どうしてイエス様が十字架に架からなければならないのか」と泣きじゃくったのだと思います。彼女たちの名前は記されておりませんが、イエス様の十字架を見たマグダラのマリアと、イエスの母マリアだったかもしれません。

 そのときイエス様は、「わたしのために泣くな。むしろ、あなたがた自身のために泣きなさい」と言いました。十字架は他人事ではありません。イエス様が可哀そうだと思っていたら、何時まで経っても十字架の出来事は自分のものとなりません。クレネ人シモンもそうですが、十字架を第三者の立場で見るならば、いつもだも十字架は自分自身の体験となりません。

 私たちが自分の罪のために泣いたとき、初めてイエス様の十字架が私の罪の身代わりだったと感謝できるのです。十字架を通して私たちは神様の愛を知るのです。正義なる神様は罪を裁かずにおれません。愛なる神様はどこまでも人類を赦し救いたい。この神様の葛藤がイエス・キリストの十字架上で成就しました。十字架は神の正義と神の愛が激しくぶつかったもの。

 イエス・キリストの十字架は私の罪の身代わりです。そして私たちは自分の罪のために泣く者となります。
[PR]
by carbondalle1996 | 2015-03-31 06:47 | 日記 | Comments(0)
<< 最初のことば クレネ人シモン >>