ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

最初のことば

f0229700_6193274.jpg


そのとき、イエスは言われた、「父よ、彼らをおゆるしください。彼らは何をしているのか、わからずにいるのです」。人々はイエスの着物をくじ引きで分け合った。(マタイ23章34節)

 ゴルゴダの丘に着くとイエス様は手首に五寸釘を打たれ、足は重ねて甲の部分に打たれました。このときイエス様の右と左には犯罪人が十字架に架けられました。イエス様は十字架上で7つの言葉を語りましたが、この「父よ、彼らをおゆるしください」という言葉は、イエス様が十字架上で最初に語った言葉だと言われています。

 私たちは何か問題が起こったとき、最初に発する言葉というのはその人の本音が出ると言われています。何かトラブルに遭ったとき、自分が何か失敗したとき、自分が何か被害に遭ったとき、自分は何という言葉を口にしたか考えて見てください。お皿を落として割ってしまったとき。誤まって誰かをケガさせてしまったとき。そのときあなたは思わず何という言葉を発したでしょうか。それがあなたの本音です。

 イエス様が十字架に架かって最初に発したこの言葉、「父よ、彼らをおゆるしください。彼らは何をしているのか、わからずにいるのです」、イエス様の心から出た言葉だと考えられます。自分は何も罪を犯していないのに、自分を十字架に架けた人々に対して「彼らを赦してください」とイエス様はおっしゃいました。

 私たちは自分が罪人だとわからない存在です。神様に対して罪を犯している存在だということがわかりません。どうしてでしょうか。善悪の知識の実を食べたからです。その結果、自分は正しいとみんな思っています。人はみな、自分は正しいと思っていますが、神様の目からみると全員が罪人です。ですからイエス様は、「父よ、彼らをおゆるしください。彼らは何をしているのか、わからずにいるのです」と叫んだのです。

 あなたは自分が他者からどう見られているか考えたことはありますか?そして神様からどのように見られているでしょうか?神様はあなたを憐れんでおられます。十字架上のイエス様の叫び、「父よ、彼らをおゆるしください。彼らは何をしているのか、わからずにいるのです」は、あなたに向けて発した言葉です。どうぞイエス様の愛を受け止めてください。
[PR]
by carbondalle1996 | 2015-04-01 06:20 | 日記 | Comments(0)
<< 二人の犯罪人 わたしのためではなく >>