ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

二人の犯罪人

f0229700_6521232.jpg


十字架にかけられた犯罪人のひとりが、「あなたはキリストではないか。それなら、自分を救い、またわれわれも救ってみよ」と、イエスに悪口を言いつづけた。もうひとりは、それをたしなめて言った、「おまえは同じ刑を受けていながら、神を恐れないのか。(ルカ23章39~40節)


 マタイによる福音書も、マルコによる福音書も最初は二人の犯罪人は、一緒になってイエス様を罵っておりました。最初から一人は罵って、一人は罵らなかったのではありません。二人とも「お前がユダヤ人の王なら、自分を救ってみろ」と馬鹿にしました。ところが二人の犯罪人の間に違いが起こって来ました。一人はさらに激しくイエス様を罵りましたが、もう一人の犯罪人は自分の罪を認め、悔い改め、イエス様を信じるように変わり、仲間をたしなめる者へと変わりました。どうしてこの犯罪人は変えられたのでしょうか。

 私はアメリカでBible Study に通っていました。私をBible Studyに誘ったのは、親友の龍夫くんと神保さんでした。二人は私に言いました。「これからの世界は、聖書をちゃんと勉強していないとビジネスでも成功しない。」私はそうだと思って通いました。私を誘った親友の二人は熱心にBible Studyに通いました。私は不真面目でしたので、いつも讃美が終わった頃に行きました。結局、救われたのは私で、友人の二人はイエス様を信じませんでした。

 人が救われるという以上にすばらしい奇跡はありません。目に見えるところでは、真面目で優秀な者が救われてクリスチャンとなると思いますが、実際はその逆の場合が多いようです。神様は外側ではなく、人の内側に見ます。そして神様が働かれるところで救いが起こされて行きます。犯罪人の一人は救われず、もう一人が救われたとは、まさに私たちの生きているこの世界を象徴しているようです。

 イエス様を信じるということは、人の知識や理解ではできません。そこに神様が働いてくださる世界があります。あなたが救われたならば、神様はあなたに働いてくださったからです。聖霊様によってあなたは、イエスを主と告白したのです。告白した私たちには新しい使命があります。それはイエスは救い主だという真理をこの世界に宣べ伝えることです。
[PR]
by carbondalle1996 | 2015-04-02 06:52 | 日記 | Comments(0)
<< わたしを思いだしてください 最初のことば >>