ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

中国で儒教の教師が

f0229700_19523381.jpg


 昔、中国で儒教の教師がクリスチャンになった。弟子達はそれを聞いて怒った。「先生は、日頃から軽はずみな行動を戒めておられました。それなのに宣教師が来て説教をすると、一度聴いただけでイエスを救い主だと信じて、キリスト教徒になってしまうなんて!」するとクリスチャンになった教師がこう言った。

 「まあ、私の話を聞きなさい。私が野原を歩いていたと思いなさい。草むらに隠れていた古井戸に落ちてしまった。『助けてくれ!』と叫んでいると孔子が通りかかってのぞいてくれた。『あれあれ、おまえは何でこんなところにいるんだ?』『野原を歩いていて、井戸が見えなくて落ちてしまったのです。』『人の通る道がちゃんとあるではないか。こんなところを通るから、ひどい目にあうんだよ。今後十分に気をつけて、道のあるところを歩くんだよ。』と説教をしただけで、孔子は去ってしまった。私は井戸の底で十分反省しているんだ。私にとって今必要なのは、救い上げてくれる人だ。」

 「再び私は『助けてくれ!』と叫び出した。そのうち声がしたので見上げると、お釈迦さまがのぞいていた。『落ちたおまえは、なんと気の毒な者よ。何事にも気をつけなければいけない。ほれ、手を伸ばしてごらん。』 お釈迦さまの方からも手を伸ばしてくださったが、どうしても届かない。そしてお釈迦様は手を引っ込めてこう言った。『ああ、おまえはなんと業が深いんだろう。前世の因縁じゃ。もうあきらめなさい。』 お釈迦さまはそう言うと、私を井戸の底に残したままで去ってしまったのじゃ。」

 「こんなことを言われても、私はあきらめることができず『助けてくれ!』と叫び続けていた。そこへこんどはイエス・キリストが来てくれた。ああ、よりによって嫌な奴が来たもんだと思ったが、他にすがるものもいないので、仕方なく手を伸ばした。イエスはなんの説教もしないで、手を差し出してくれたのじゃ。だが、やはり届かなかったんじゃ。今度もダメかと絶望してかがみこんでいると、イエスが井戸の中に飛び降りて来たんじゃ。

 そしてこう言った。『ほら、私の肩に足をかけなさい。』 私を肩に乗せて持ち上げて、井戸の外へ出してくださったのじゃ。そしてこう言った。『もう二度とここにくるんじゃないよ。私のことはかまわないで、さあ、行きなさい。』だから、私はイエスを救い主と信じてクリスチャンになったんだ。」 イースターおめでとうございます。

f0229700_19524946.jpg

[PR]
by carbondalle1996 | 2015-04-05 19:53 | 日記 | Comments(0)
<< 石は転がされたいた 信徒発見 >>