ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

実を見て判断しなさい

f0229700_6361154.jpg


木が良ければ、その実も良いとし、木が悪ければ、その実も悪いとせよ。木はその実でわかるからである。(マタイ12章33節)

 まだマザー・テレサが世の中に知られていなかったときのお話です。イギリスのBBC放送で働くマルコム・マゲリッジという記者がマザー・テレサをテレビで紹介しました。このマゲリッジという記者は現代の知識人を代表するような理屈っぽい人ですが、マザー・テレサに触れて完全に参ってしまったそうです。そしてマザー・テレサとその仲間たちの生活を収録して、ロンドンで放送したところ、世界的な評判となりました。

 マザー・テレサがしたことの1つに「死を待つ人の家」を建てたことです。ここはかつて偶像の神に捧げられていた神殿でしたが、マザーがそこを貰い受けて、路傍で倒れている人々を運びました。もとは神殿ですから上の方に小さな窓があるだけで、中は暗くてテレビの撮影には向きません。

 カメラマンが「こんなところで撮影するのは無理だ」と言って最初は断ったほどです。それでもマゲリッジ氏はカメラマンに頼み、その薄暗い、次々と人々が死んで行く情景をカメラに撮らせました。ところが後になって、撮った映像を映したときに驚いたそうです。撮影したどの場面よりもそれは明るく、美しく撮れていたそうです。

 マゲリッジ氏は考えました。どうしてあの薄暗かった部屋が、どの場面よりも明るく、美しく、感動的に撮れたのだろうか。それは神様に違いない。マザー・テレサとその仲間たちが、イエス・キリストと同じことをしていたためにその場が輝き、それがフィルムに写ったと考えました。
[PR]
by carbondalle1996 | 2015-04-17 06:36 | 日記 | Comments(0)
<< Something Beaut... 秋田朝祷会 >>