ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

感謝する生活

f0229700_5565299.jpg


ニネベの人々が、今の時代の人々と共にさばきの場に立って、彼らを罪に定めるであろう。なぜなら、ニネベの人々はヨナの宣教によって悔い改めたからである。しかし見よ、ヨナにまさる者がここにいる。南の女王が、今の時代の人々と共にさばきの場に立って、彼らを罪に定めるであろう。なぜなら、彼女はソロモンの知恵を聞くために地の果から、はるばるきたからである。しかし見よ、ソロモンにまさる者がここにいる。(マタイ12章41~42節)

 イエス様はここで旧約聖書の二つの出来事をもってパリサイ人や律法学者を非難しました。一つはヨナの宣教です。悔い改めたニネベの人々が裁きの場に立って、パリサイ人や律法学者を罪に定めると言いました。なぜならばニネベの人々は、ヨナのことばを神様のことばとして受け入れて悔い改めたからです。今ここにヨナにまさるイエス様が悔い改めを説いても、彼らは悔い改めませんでした。

 同じように南の女王が裁きの場に立って、パリサイ人や律法学者たちを裁くときがきます。なぜならば、南の女王はソロモンの智恵を聞いて、それを神様の智恵と受け止め、悔い改めて神様を信じたからです。この二つの話に共通していることは、異邦人が悔い改めて救われたということです。

 パリサイ人や律法学者にとっては、罪人である異邦人が救われて天国に入るということはありえないことです。彼らは自分たちこそ天国へ入り、異邦人はみな罪のために地獄へ落ちると思っていました。しかし、イエス様はそうではないとおっしゃったのです。パリサイ人等が裁いている異邦人が救われ、裁きの場で彼らを罪に定めると言ったのです。なぜならば、彼らは悔い改めて神様を信じたからです。そしてあなたがたも悔い改めなければ、天国へ入れないと言ったのです。

 このメッセージはそのまま私たちにも向けられたメッセージです。悔い改めるという言葉はギリシア語でメタノイアと言います。これは方向を180度転換するという意味です。私たちの向きを180度転換する。今まで自分中心で生きてきた人生を、神様中心の人生に向きを変えるということ。それは不平不満を口にする人生から感謝する人生に変わることです。

 あなたは日々感謝を実践していますか?辛い出来事や悲しい出来事、マイナスと思える状況の中で神様の御手を信じて感謝していますか・悔い改めて福音を信じる人生とは、すべてを感謝する人生です。全ての出来事を感謝しましょう。
[PR]
by carbondalle1996 | 2015-04-22 23:47 | 日記 | Comments(0)
<< 配られたカードで メシヤのしるし >>