ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

配られたカードで

f0229700_602742.jpg


 昔、アメリカの大統領でドワイド・アイゼンハワーという人がいました。彼があるときこういうことを言いました。私は人生というゲームに勝利する方法を敬虔なクリスチャンだった母親から教わりました。彼は子供の頃によく家族でトランプをして楽しんだそうです。あるときいつものように家族でトランプをしていた時のことです。母親がカードを子供たちに配りました。ドワイト少年は自分にジョーカーが回ってきたので、彼はつい「ママ、どうして僕にこんなひどいカードを配ったの。こんなカードじゃ勝てないよ」と愚痴をこぼしました。すると母は急にゲームをストップさせ、真面目な口調でこう言ったのです。

 「子供たちカードをそこに置きなさい。そしてお母さんの話をよく聴きなさい。貴重なアドヴァイスがあります。今私たちは愛する家族の中でカードゲームをしています。だからお母さんがあなたに故意に悪いカードを配るなんてことはありえない。でもあなたがたが大きくなって社会に出たら、故意に悪いカードをあなたに配る人もいるでしょう。その時は配られたカードで勝負しなさい。決して不平不満を言ってはなりません。配られたカードで勝負しなさい。そして困ったときは神様に助けを求めなさい。そうすれば必ずその問題を乗り越えることができます。

 人生を配られたカードで勝負をするということは、与えられた状況や環境を感謝して受け入れて、その中で神様の助けを頂きながら生きるということです。そうすれば必ず成功する。お母さんの言葉がドワイド少年の心に残りました。子供に生涯の支えとなるような言葉を残すことができるお父さん、お母さんはどんなにすばらしいでしょうか。

 アイゼンハワー将軍は第二次世界大戦で何度も何度も困難な状況に置かれました。そのたびに神様に助けを求めて、問題を乗り越えました。そして大統領になったときも、さらに多くの問題や困難に遭いました。そしてそのたびに母親の言葉を思い出し、与えられた状況や環境を感謝して受け入れて、神様に助けを求めながら決断をしました。そして最後に勝利を得たのです。
[PR]
by carbondalle1996 | 2015-04-23 06:01 | 日記 | Comments(0)
<< 聖霊の宮 感謝する生活 >>