ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

伊藤ハナ姉召天

f0229700_14152239.jpg


 先週18日15時55分、私たちの愛する伊藤ハナ姉(94歳)が天に召されました。伊藤ハナ姉が洗礼を受けたのは一昨年の6月です。柴田先生が秋田に来てくださったときに、ハナさんの病室を訪問してくださり、そのときイエス様を救い主として心に迎え、洗礼を受けました。人生の晩年にイエス様を心に迎え入れて、この2年間はそれまでの92年の歩みとは違う人生だったと思います。

 内村鑑三先生は、後世に残す最大の遺産とはお金や土地や教育や会社ではなく、清く勇ましい高尚な生涯であり、それは神への信仰だと言っています。信仰とはこのように本来、親から子へ、子から孫へと伝えられるものですが、伊藤ハナ姉の場合は逆になりました。一番大切にしていた長男の吉雄兄から信仰という霊的遺産を受け取りました。そして天国の切符を手にしました。ですから伊藤兄は兄弟の中で最高の親孝行をしたと思います。
 
 私たちは全員100%死にます。死なない人はいません。早いか遅いかの違いです。死んだら何処へ行くのか。聖書ははっきりとその答えを指し示しています。私たちはこの地上での生涯を終えたならば、天国へ帰ります。イエス・キリストは、十字架に架かり、死んで葬られ、三日目に復活されました。それは私たちに人生が死で終わるのではなく、本当の人生が天国にあることを教えてくださったのです。ですから伊藤ハナ姉とはしばしのお別れです。私たちが天国に帰ったとき、主の御前でハナ姉と再会します。ハレルヤ!
[PR]
by carbondalle1996 | 2015-04-25 14:20 | 日記 | Comments(0)
<< 日本を美しくする会 聖霊の宮 >>