ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

日本を美しくする会

f0229700_145331.jpg


 イエローハットと言えば誰もが知る自動車部品販売の一部上場会社。その創業者である鍵山秀三郎氏は「日本を美しくする会」の相談役でもあります。鍵山氏は人を恨むことが嫌い。なぜなら恨みは心のすさみを生み世の中が悪くなるから。そうじ好きの両親から貧しくてもきれいに暮らせることを教わった鍵山氏は、人の心を変える『そうじの力』を実社会でも学んできたという。

 創業当初、入社してくる社員はいろんな所で辛い目に会って、心がすさみ荒れた人たちばかり。鍵山氏は社員の心をなんとか穏やかにしたいと考え、そのために職場環境をきれいにすることを始めようとまずトイレ掃除をスタート。「掃除なんかしても無駄だ」「うちの社長は掃除しかできない」と陰で批判する社員や、掃除している横で用を足す社員もいたという。こうして最初の10年間は鍵山氏が1人で掃除をして、手伝おうという社員は1人もいなかったそうです。しかし10年を過ぎた頃から、一人、二人と掃除を手伝う社員が生まれ、20年を過ぎた頃にはほとんどの社員が自発的に掃除をするようになったという。

f0229700_14532631.jpg


 そうじを通して社員の心のすさみが謙遜と感謝に変わり、それはイエローハットを利用する顧客に伝わり、結果的に会社への信用と売り上げ増加に繋がったという。その後「掃除の仕方を教えてほしい」という依頼が企業や学校からもくるようになり、「日本を美しくする会」が立ちあがり、活動は日本全国及び海外にまで広がった。 

f0229700_14534471.jpg


 教会の活動も手段は違いますが世界を美しくしたいという思いは同じ。鍵山氏は掃除を通してですが、教会は伝道を通して行います。人々の荒れすさんだ心を感謝と愛に満ちた心に変えたい。一人でも多くの人々に神様の愛を知ってほしい。みんなで神様の愛を伝える足となりましょう。
[PR]
by carbondalle1996 | 2015-04-26 14:53 | 日記 | Comments(0)
<< 神の国の奥義 伊藤ハナ姉召天 >>