ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

なすところみな栄える

f0229700_5511382.jpg


だれでも御国の言を聞いて悟らないならば、悪い者がきて、その人の心にまかれたものを奪いとって行く。道ばたにまかれたものというのは、そういう人のことである。 石地にまかれたものというのは、御言を聞くと、すぐに喜んで受ける人のことである。その中に根がないので、しばらく続くだけであって、御言のために困難や迫害が起ってくると、すぐつまずいてしまう。また、いばらの中にまかれたものとは、御言を聞くが、世の心づかいと富の惑わしとが御言をふさぐので、実を結ばなくなる人のことである。また、良い地にまかれたものとは、御言を聞いて悟る人のことであって、そういう人が実を結び、百倍、あるいは六十倍、あるいは三十倍にもなるのである」。(マタイ13章19~23節)

 これが種まきの譬えに隠された神の国の奥義です。イエス様のメッセージは、御言葉を聞いて悟り、それを受け止める者の心に神の国が生まれるというものです。イエス様はルカ福音書17章で、神の国はどこにあるのですかという問いかけに対して、「神の国はそこにあるとか、ここにあるというものではなく、あなたがたのただ中にある」とおっしゃいました。

 「御言を聞いて悟る人」はイエス様を信じて「神の国を持つ者」となります。神の国を持つ人はどうなりますか。その人の中で御言の種は芽を出して樹となり枝となり、30倍、60倍、100倍の実を結ぶほどに祝福されるということです。イエス様を信じないで神の国を持たない人は、持っていると思っているこの世のものまで取り去られてしまいます。ですからイエス様は詩篇1篇でこう言いました。

このような人は流れのほとりに植えられた木の時が来ると実を結び、その葉もしぼまないように、そのなすところは皆栄える。(詩篇1篇3節)

 ペテロが持っていたものはイエス・キリストであり、聖霊であり、それは神の国でした。ペテロが神の国を人々に伝えれば伝えるほど、神様は豊かに彼にそれを与えました。あなたの中に神の国はありますか。イエス・キリストを信じる者に神の国は与えられます。信じる者となりましょう。
[PR]
by carbondalle1996 | 2015-04-30 05:51 | 日記 | Comments(0)
<< 神とともに歩み わたしにあるものとは? >>