ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

エノクの人生の転機

f0229700_620525.jpg


エノクはメトセラを生んだ後、三百年、神とともに歩み、男子と女子を生んだ。(創世記5章22節)

 ところで、エノクは生まれながら神様と共に歩む立派な子供だったのでしょうか。聖書には、「エノクは六十五歳になって、メトセラを生んだ。エノクはメトセラを生んだ後、三百年、神とともに歩み、男子と女子を生んだ」とあります。つまりエノクは65歳でメトセラを生んだ後の300年を神様と共に歩む人生だったのです。エノクの人生はメトセラを生むことによって180度人生が変わったようです。エノクにいったい何が起こったのでしょうか。

 エノクに起こった出来事を理解するには、65歳の時に生んだメトセラがその鍵となります。このメトセラという名前は、「死」とか「死者」を意味する【ムート】と「遣わす」「送る」を意味する【シャーラハ】の合成語です。つまり「死を遣わす」「死後に送られる」という意味です。普通そのような不吉な名前を子供につけるでしょうか。私だったら絶対につけません。しかし、エノクは息子メトセラを生んだ事が人生の転機となって、その後三百年間、神様と共に歩む人生を送っています。

 ある聖書学者は、メトセラが生まれるとき神様の啓示がエノクに与えられたのではないかと言っています。エノクは息子メトセラが死んだ後に起こる啓示を神様から与えられて、生まれてくる子供にメトセラつまり「死後に送られる」という名前を付け、エノク自ら神様と共に歩む人生に変わったのではないでしょうか。

 私たちの人生の転機は何でしょうか?それは神様を知り、イエス・キリストを救い主として信じたときではないでしょうか。私は1996年5月4日(土)にイエス・キリストを救い主として心に迎えました。それが私の人生の転機となり、自己中心の生き方から神様中心の生き方に変えられました。そして私の息子の名はサムエル、娘の名はマリアです。
[PR]
by carbondalle1996 | 2015-05-06 06:20 | 日記 | Comments(0)
<< メトセラの一生は969年 WWJD >>