ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

親ごころ子知らず

f0229700_6131851.jpg


 こうしてエバの心に神様への不信感が生まれました。神様は私に最高のものをくださらないのではないか。これはそのまま私達自身にも問われる問題です。私を造られた神様は、私にいつも最高のものをくださると確信していたら、ヘビの誘惑を退けることができました。

 私の両親は今でも私のことを心配して、よく食べものを送ってくれます。両親は息子に最高のものを与えたいと思っている。それが親心です。もし私が父に向かって、「お父さんは最高のものを僕にくれない」と言ったとしたらどんなに悲しむでしょうか。また私には二人の子供がいます。子供たちは食事中によく私のお皿をとって私の料理を食べます。私の料理が美味しそうに見えるのでしょうか。私は子供たちに与えます。親は子供になんでも与えたいと願います。

 しかし子であるエバは神様の親心を知らず、自分も神様のように善悪を知る者になりたいと願いました。そしてそれを取って食べました。考えてみるとこのときまだエバは子供でした。カインもアベルも生まれておらず、親の心がわからなかったのかもしれません。私も人の子の親となって初めて親の愛を知りました。

 神様はあなたに最高のものを与えたいと願っています。あなたは神様の愛を信じますか。どんなサタンの誘惑も退けて、神様がくださる最高のプレゼントを頂きましょう。それはイエス・キリストです。
 
[PR]
by carbondalle1996 | 2015-06-23 06:13 | 日記 | Comments(0)
<< アダムが犯した罪 罪の誘惑 >>