ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

アダムが犯した罪

f0229700_634283.jpg


 神様は、人間を造られたときに賜物として自由意志を与えました。それは、神様に従う自由も、従わない自由も与えたということです。ですから自由意志を与えるということは、間違いを犯す危険が伴います。しかし、自由意志を与えなかったら、人はロボットと同じになってしまいます。ロボットは愛しません。私達は自由意志を持つ人だから、親を愛し、兄弟姉妹を愛し、異性を愛し、そして神様を愛するのです。

 ヘビの誘惑に落ちて食べてはならないという善悪の知識の実を取って食べたエバは、今度は自分が誘惑者となって夫のアダムにそれをあげました。アダムはそれを拒否すれば良かったのですが、エバの言うとおりに食べました。ですから悪いのはエバです。しかし、この罪の責任はアダムにありました。なぜならば神様が、「取って食べてはならない」と命じたのはエバではなくアダムだったからです。これは神様がアダムと結んだ契約だからです。ですから私達が「エバが犯した罪」と呼ばず、「アダムが犯した罪」と呼ぶのはそのためです。
[PR]
by carbondalle1996 | 2015-06-24 06:34 | 日記 | Comments(0)
<< 的はずれな者 親ごころ子知らず >>