ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

的はずれな者

f0229700_6443265.jpg


 罪とは神様と結んだ契約を破ること。神様に反逆することです。エバは神様から愛されているということに満足できずに、自分も神様と同等になりたいと考えた。罪とは究極的には自分を神とすることです。人間に与えられた自由意志はそこまで行きました。

 最近世間を騒がしている新興宗教はみなこれと同じだと言えます。自分が教祖となり、礼拝される対象となります。またキリスト教の異端と呼ばれているものも、自分が神様の声を取り次ぎ、特別な者となります。こうした奇跡や不思議によって自分自身を神と同等に置く。昔も今も変わらない人間の欲望であり罪です。

 善悪の知識の実は、何が善であり、何が悪であるかを知ること。しかし、この実を取って食べることによって、人間は何が善であり、何が悪であるかは私が決めるとしました。これが高慢です。これが神様への反逆であり、自分を神と同等にする行為です。この罪という言葉をギリシア語ではマルティアと訳しました。それは「的外れ」という意味です。私たちは罪によって神様から「的外れ」な者となってしまったのです。
[PR]
by carbondalle1996 | 2015-06-25 06:45 | 日記 | Comments(0)
<< いばらとあざみは アダムが犯した罪 >>