ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

ダビデ王家の末裔から

f0229700_6291533.jpg


 約束のメシヤ(救い主)はアブラハムの子孫、ユダ族の系統から生まれると預言されましたが、ユダ族はイスラエル12部族で最も力あり人口もある部族です。このユダ族からダビデ王が登場しました。そして神様は預言者の口を通して、ダビデの子孫からメシヤ誕生を啓示しました。それだけではなく、神様はメシヤ誕生の特徴についてもあらかじめ、預言者の口を通して啓示してくださいました。

“それゆえ、主はみずから一つのしるしをあなたがたに与えられる。見よ、おとめがみごもって男の子を産む。その名はインマヌエルととなえられる。”(イザヤ7:14)

 「おとめ」と訳されているヘブル語の意味は処女です。ですから新改訳聖書では、「処女がみごもっている」と訳されています。これが、神様が人類に与えた救い主の特徴です。処女が子供を宿すなど馬鹿げていると笑う人も大勢いるでしょう。しかし、無神論であった者にとって神様が本当におられるということを信じたとき、どんな不可能だと思えた奇跡も、それは可能な出来事に変わります。私たちの神様は創造主なるお方です。
[PR]
by carbondalle1996 | 2015-07-10 06:20 | 日記 | Comments(0)
<< 誕生の地ベツレヘム ユダ族の優位性 >>