ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

艫の方で枕をして

f0229700_6493455.jpg


 メシヤとしての奇跡の第一番目、それは自然界を支配する奇跡です。イエス様がガリラヤ湖畔でいつも教えていましたが、あるとき「向こう岸へ渡ろう」と言って弟子たちと共に舟に乗りました。ガリラヤ湖の真ん中当たりに来た頃でしょうか。突然激しい突風が吹いて舟が沈みそうになりました。

 ところがイエス様は舟の艫の方で枕をして寝ていました。舟の艫と聞いて前か後かわかる方は博学だと思います。私は知りませんでしたので、調べました。舟の艫は舟の尾、後方の部分。舟の舵がある方です。逆に舟の先は舳先(へさき)と言うそうです。イエス様は舟の艫、つまり舵のある方に居たことがわかります。弟子たちは必死になって「先生、私どもがおぼれてもおかまいにならないのですか」と言ってイエス様を起こしました。そのときイエス様はどうされたでしょう。

“イエスは起きあがって風をしかり、海にむかって、「静まれ、黙れ」と言われると、風はやんで、大なぎになった。”(マルコ4章39節)

 神様は天地万物を創造されたときに言葉を発して創りました。「光あれ」と発すると光が生じました。これと同じです。神が人となったイエス様が波に向かって「静まれ」と命じれば波は静まります。ですからこのような自然界を支配する奇跡を行う者は、創世記3章15節が預言する女の子孫、救い主メシヤだとわかります。
[PR]
by carbondalle1996 | 2015-07-13 06:50 | 日記 | Comments(0)
<< メシヤが地上に来ても メシヤとしてのしるし >>