ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

唯一の道

f0229700_725940.jpg


 聖書は2つの事を私たちに教えています。1つ目は、神様はどのような方であるかということ。神様は天地万物を創造された創造主なるお方で、唯一なるお方。ですから日本人が考えるような八百万の神々とは違います。そして全智全能なるお方です。ですから日本の神々のように分業制の神様ではなく、この神様に全ての解決があります。

 そして聖書が教えている2つ目の大切なことは、この全智全能なる神様に私たち人間がどのように近づくことができるのかということです。イエス・キリストの十字架は、私たち人間が神様に近づく唯一の道。イエス様の十字架の贖いによって私たちの命の代価は主御自身が支払ってくださいました。

 自分がイエス様によって贖われたと信じる者は救われます。十字架は私たちが全能の神様に近づく唯一の道です。

 ”神は唯一であり、神と人間との間の仲保者もただひとりであって、それは人なるキリスト・イエスである。”(Ⅰテモテ2章5節)
[PR]
by carbondalle1996 | 2015-07-29 07:03 | 日記 | Comments(0)
<< 新生のための土台 食後のケーキ >>