ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

新生のための土台

f0229700_612579.jpg


 キリスト教は道徳的な宗教だという指摘があります。確かにキリスト教を信仰することによって、乱暴だった人が柔和な人になったり、親兄弟や友人に迷惑ばかりをかけていた人が、親切な人に変えられたという証しもあります。そのためある人は、キリスト教は十字架を思い起こすことによって、人々の思考を変える宗教だという人もいます。キリストの十字架を思い起こすことによって、人々に悔い改めと、思考の変化をもたらすというものです。

 しかし神様はイエス・キリストを十字架に架けることによって、私たち人間の思考を「変革」しようとされたのではありません。神様はイエス・キリストを十字架に架けることによって、私たち人間を新しく生まれさせようとされたのです。これが「新生」です。英語でNew Bornと言います。イエス様は「人は新しく生まれなければ、神の国を見ることはできない」と言いました。神様は十字架によって私たちに「新生」のための土台を提供してくださったのです。

”だれでもキリストのうちにあるなら、その人は新しく造られた者です。古いものは過ぎ去って、見よ、すべてが新しくなりました。”(第二コリント5章17節)
[PR]
by carbondalle1996 | 2015-07-30 06:01 | 日記 | Comments(0)
<< 文月 唯一の道 >>