ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

とりなしの祈り

f0229700_644652.jpg


”偶像を造る者はみな、むなしい。彼らの慕うものは何の役にも立たない。彼らの仕えるものは、見ることもできず、知ることもできない。彼らはただ恥を見るだけだ。”(イザヤ書44章9節)


f0229700_651821.jpg


 三吉霊神は力の神、勝負の神、破邪顕正の神とされています。曲がった事が大嫌いで、力持ち。弱きを助け、邪悪のものをくじく神様。太平の城主藤原鶴寿丸三吉は郷人の面倒を良くみた名君であったが、他の豪族にねたまれ追い出されたため、世を捨てて太平山に篭り、太平山の神即ち大己貴大神、少彦名神を深く信仰し、修行せられて力を身につけ神として祀られています。

f0229700_695062.jpg


 太平山を登り始めて40分ほどで最初の鳥居にたどり着きました。この地を支配し働く霊を縛り、追い出し、イエス・キリストの名によってこの地を開放する祈りを真の神に捧げました。


”あなたがたは、彼らの中のある人たちにならって、偶像崇拝者となってはいけません。聖書には、「民が、すわっては飲み食いし、立っては踊った」と書いてあります。”(第一コリント10章7節)
[PR]
by carbondalle1996 | 2015-08-03 06:21 | 日記 | Comments(0)
<< 急な山道 霊的戦い >>