ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

いろいろな立場の人々

f0229700_6461825.jpg


 当時の墓は横穴式です。イエスの死体を葬ったのはアリマタヤのヨセフというお金持ちでした。穴の中にイエスの遺体を置いた後に、墓の入口は大きな石で塞ぎました。どうして蓋をするかというと、蓋をしないと夜中に獣が来て死体を食べてしまうからです。今でもイエス・キリストの墓だと言われている横穴式の墓がエルサレムにありますが、恐らくその墓を塞いだ石は直径2mで熱さ30cm程だったろうと言われています。

 そのような大きな石が動かされて、イエス様の遺体が無くなっていました。そして死体を巻いていた布だけがそこに残されていました。ここまではユダヤ人もクリスチャンでない人々も認めている事実です。ここからが問題です。ではどうして墓が空っぽになったのかという疑問に対して、いろいろな立場の人々がいろいろなことを言っています。
[PR]
by carbondalle1996 | 2015-08-19 06:46 | 日記 | Comments(0)
<< 秋田朝祷会 昔から・・・ >>