ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

これはどういうことなのでしょうか?

f0229700_614743.jpg


 わが家には、もう15歳近い老犬トムがいます。目も見えず、耳も聞こえず、やっと室内をぶつかりながら歩いている老犬で、私たちはこのトムを「老老介護」しています。この間、そのトムを獣医さんの所に定期健診に連れて行きました。そうしたら、獣医さんがこんなことを教えてくれました。「最近、犬や猫を飼っている人は、飼っていない人よりも長生きする、という研究結果が発表されたんですよ。やはり、『自分が世話をしなければ』という責任感があったり、『愛する対象がいる』ということは、 長生きの秘訣みたいですよ。」

 私たち夫婦が、老犬トムを「老々介護」しているものですから、先生は、私たちを励ましてくださったのだと思います。普通はどうも年をとってから動物を飼うのは、先のこともあり、如何なものか、と考えますから、まあ、先生のご商売にも影響がある、という危機感もあったかと思います。高齢になっても、あまり先のことを考えないで、ペットを飼った方が、体にも心にも良いそうですよ、とのお話であったのです。

 その時、私の頭に一つの考えが浮かびました。そこで、私は臆せずに先生にお聞きました。「先生、世の中を見ていますと、お世話をしていたご主人が亡くなられると、途端に奥様が元気になって、海外旅行などに飛び歩く、という現象がありますが、これはどういうことなのでしょうか?」と。そうしたら、先生が言いました。

 「いや、私が言ったのは、動物を飼う場合のことで、人間様のことについては、よくわかりません。」

 皆さんは、お分かりになります? 私は、いまだにこの謎が解けずにおりますので、お分かりになる方は、是非教えていただければと思います。

       ~横浜カルバリーチャペル 武井先生の説教より~
[PR]
by carbondalle1996 | 2015-09-06 06:10 | 日記 | Comments(0)
<< 神の力とあわれみ 信仰の冒険と奴隷の安泰 >>