ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

第三番目の転機

f0229700_19402544.jpg


イエスはこのことを聞くと、舟に乗ってそこを去り、自分ひとりで寂しい所へ行かれた。しかし、群衆はそれと聞いて、町々から徒歩であとを追ってきた。(マタイ14章13節)

 イエス様の公生涯の第三番目の転機はバプテスマのヨハネの死です。バプテスマのヨハネはおよそ3年間の活動をしましたが、3年の公生涯の中で、ヨルダン川でバプテスマを授けたのは1年だけです。あとの2年は捕まって獄中にいました。そしてヘロデによって首を切られて亡くなりました。

 バプテスマのヨハネの死が、どうしてイエス・キリストにとって大きな出来事なのでしょうか。それは、メシヤの先駆者に起こった出来事はメシヤにも起こるからです。つまりバプテスマのヨハネの死を知って、イエス様は自分の死が近づいたことを知りました。その結果、イエス様は宣教方法をガラッと変えました。イエス様の関心は、使徒行伝時代に備え、弟子訓練へと変わりました。

 試練の無い人生はありません。神様は私たちに試練を与えられます。試練を通して、神様は私たちの信仰の成長を見ておられます。今日を感謝して、明日に希望を持つ信仰生活を送りましょう。
[PR]
by carbondalle1996 | 2015-09-15 19:40 | 日記 | Comments(0)
<< 現代という時代を読む 二番目の転機 >>