ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

二度と同じ過ちを犯さないように

f0229700_6522288.jpg


 昨日、国会で「安全保障関連法」が成立しました。戦後70年、日本の安全保障政策の大転換となりました。賛成と反対でこれほど国論を二分した法案はないと思いますが、両者に共通した思いは「侵略戦争はもう二度としない」ではないでしょうか。この国民共通の思いを大事にして、この国のリーダーには、日本が外国の戦争に巻き込まれないようにあらゆる努力してほしいと願います。

 先月の大和教会の祈祷会では、ホーリネス教団が発表した「戦後70年の悔い 改めの祈り」を基に、大川先生がカルバリーチャペル・グループの群れに適用した形に編集し、これを会衆全体で祈りました。以下がその全文です。

 いつくしみ深く、大いなる憐みに富みたもう天のお父様!私も、私達の父の家 も罪を犯しました。ネヘミヤが先祖の罪に気づいたときに、罪の内に滅んだ祖国のために嘆き、再建を求めて祈りました。私達も先の戦争で教会が犯した罪責を 想い起し、戦争責任を告白し、再建を求めて平和の祈りを捧げます。

 私達の国の教会は、日本が軍国主義によって近隣諸国を侵略したときに協力 し、アジア諸国に辛苦を味わわせました。私達の国は沖縄の人々を盾にし、青少 年達を戦場に出しました。多くの若者達の血を天皇にささげさせました。私達の 国は、神社参拝と天皇崇拝という偶像崇拝の罪を犯しました。

 このように、私達の国は、あなたのしもべモーセに命じられた十戒と主イエスが教えられた愛の律法を全うできなかったことを悔い改めいたします。どうぞ、主よ、あなたの御名を畏れるしもべ達の祈りに、耳を傾けてください。どうぞ、ネヘミヤの時代のように外なる教会の再建と、内なる霊の回復を与えてください。どうぞ、十字架によって、わたしたちの魂と生き方をきよめ、造り変えてください。

 身近な社会の傷と痛み、度重なる災害、民族間の敵意、テロの脅威。それら の暗雲が世界を覆う時代だからこそ、十字架を背負われる主イエスに従い、和解の福音に生きる道を、 真実に歩む者とならせてください。私達の教会を、愛と聖霊に満ちあふれさせて下さい。今日まで、罪深い私達を憐みをもって愛し、お守り下さいました事を、心から感謝申し上げます。 主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン

 この国が二度と同じ過ちを犯さないように祈りましょう。
[PR]
by carbondalle1996 | 2015-09-20 06:50 | 日記 | Comments(0)
<< イエス様の弟子訓練 校則はただ1つ >>