ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

神様の御手にある鉛筆

f0229700_626412.jpg


 マザー・テレサはあるとき汽車の中からインドの貧しい人々の生活を見ていたとき、神様から語られました。そしてマタイ25章40節のみ言葉が示されました。

すると、王は答えて言うであろう、『あなたがたによく言っておく。わたしの兄弟であるこれらの最も小さい者のひとりにしたのは、すなわち、わたしにしたのである』。(マタイ25:40)

 このみ言葉が与えられて、マザー・テレサはローマの修道会本部に出て行ってインドの人々に仕える許可を願い出ましたが許可がおりませんでした。修道院の中にいれば安全な生活ができました。しかし、一歩壁の外に出ることは、すぐに路用に迷うことを意味しました。しかし、テレサの意思は固く、それから2年後に許可を得て、彼女はカルカッタの貧民街に出て行き、宣教活動を始めました。最初は広場に出て行き、貧民街の子供たちに文字を教えて、青空教室を開きました。

 最初、インド政府はマザーのこの働きを妨害しました。それはマザーがインド国内のそうした貧しい人々の存在を世界に知らせているということで反対しました。しかし、やがて彼女の働きは認められ、多くの協力者が与えられました。そして1979年にノーベル平和賞を受賞しました。マザー・テレサがこのような言葉を残しています。

 「わたしは神様の御手にある鉛筆にすぎません。鉛筆は握られた方によって決まります。有名な作家が鉛筆を握ったならば、それはベストセラー小説となります。有名な詩人が握れば、それは人々に感動を与えるすばらしい詩となります。鉛筆は誰の手にあるかによって価値が決まります。ですから私がすばらしいのではありません。私を握って下さっている神様がすばらしいのです。」
[PR]
by carbondalle1996 | 2015-09-30 06:24 | 日記 | Comments(0)
<< 恥は我がもの、栄は主のもの 十二の籠に一杯だった >>