ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

イエスを主と呼び求める者

f0229700_1738238.jpg


しかし、女は近寄りイエスを拝して言った、「主よ、わたしをお助けください」。(マタイ15:25)

 女は最初「主よ、ダビデの子よ」とイエス様を呼んでいましたが、「わたしは、イスラエルの家の失われた羊以外の者には、つかわされていない」というイエス様の言葉を聞いて、もうダビデの子とは呼ばずに「主よ」と呼んでいます。それは悟ったからです。自分は異邦人であって、「イスラエルに与えられた約束の受け手ではない」こと。だからもうイスラエルの民が呼ぶ「ダビデの子」という言葉は使わなかったのです。

 しかし、メシヤであることを信じていた女はイエス様を「主よ」と叫び続けました。私達も異邦人ですから、イエス様を「ダビデの子」とは呼びません。「主」と呼びます。これは正しい呼び方です。イエスを主と呼び求める者はみな救われます。
[PR]
by carbondalle1996 | 2015-10-26 17:38 | 日記 | Comments(0)
<< 奇跡を受ける受け皿 本日の教会のランチ >>