ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

今日は救いの日

f0229700_6373183.jpg


イエスは彼らに言われた、「あなたがたは夕方になると、『空がまっかだから、晴だ』と言い、また明け方には『空が曇ってまっかだから、きょうは荒れだ』と言う。あなたがたは空の模様を見分けることを知りながら、時のしるしを見分けることができないのか。(マタイ16:2-3)

 それでは、今はどのような時代でしょうか。地球温暖化や世界各地で起こる地震もすべて時のしるしです。紀元70年にエルサレム神殿の崩壊によって世界に散らされたユダヤ人が、1948年にイスラエルが建国され、今も世界中からユダヤ人がイスラエルに帰還していること。そしてユダヤ人の中からイエス様を救い主として信じる人々が起こされています。

 1948年にイスラエルが建国されたときイスラエルに住むメシヤニック・ジューは20人位でしたが、今は2万人位に増えました。この65年間に1000倍に増えました。イエス様の再臨は、福音が異邦人を通してユダヤ人に戻り、ユダヤ人がイエス様を救い主と告白するときに起こるとありますから、聖書が教える終わりの時代に近づいていることがわかります。

 あなたは終わりの時代に生きていることを信じますか?信じるならばそのための備えが必要です。今は恵みの時代。今日は救いの日です。イエス・キリストを主と告白する者はみな救われます。
[PR]
by carbondalle1996 | 2015-11-12 06:38 | 日記 | Comments(0)
<< 見ないで信じる幸い 空模様から悟る世界 >>