ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

Little Drummer Boy

f0229700_15415218.jpg


 私達夫婦がカリフォルニアに住んでいた頃、生活費を削って毎月のやりくりをしていた困難な時期がありました。あるクリスマスの前、牧師先生が「今年のクリスマスには主に特別献金のプレゼントをしましょう」とおっしゃいました。しかし、私達夫婦には5ドルの余裕も無い生活でしたので、主にお捧げしたいけれど、どうすればよいのかわかりませんでした。

 すると1つの思いが与えられました。それは「信仰によって、捧げたい額を紙に書いて献金袋に入れる」というものでした。私達夫婦は小さな紙に100ドルと書いて献金袋に入れました。そのお金の当てはありませんでしたが、Little Drummer Boy の演奏のように、信仰でそれを書いたことをイエス様が喜んでくださっていると感じました。

f0229700_15393947.jpg


 Little Drummer Boyは、1958年にハリー・シメオンが作曲した有名なクリスマスソングです。歌詞は、イエス様がお生まれになった場所に、羊飼いたちにまじって小さなドラムを持った一人の少年が入ってきます。羊小屋でお生まれになった王に、「僕も貧しい子供です。王様にふさわしい贈り物などありませんが、代わりに僕のドラムで演奏しましょう。・・・僕はドラムを演奏したよ。最高の演奏をしたんだ。そしたら、イエス様が僕のドラムに微笑んでくれたんだ。」私はいつも、この少年のプレゼントこそ神様への最高のプレゼントだと思っています。

 やがて、クリスマスが来て、そして去って行きました。100ドルの捧げ物はできませんでしたが、必ずできる日が来るという平安がありました。大晦日の日、料理を作っている最中に、小麦粉が切れていることに気付きました。私は大急ぎでお店に走って行きました。500gの小麦粉を69セントで購入し、料理を続けました。

 そして購入した小麦粉を開けると、中に小さな紙切れが入っていました。紙には「おめでとうございます。あなたに100ドル当たりました」と書いてありました。その紙を小麦粉の会社に送ると、すぐに100ドルの小切手が送られてきました。なんと主に捧げようとしたプレゼントは、主ご自身が私にプレゼントしてくださったのです。

信仰をもって私たちが行動するとき、神様が喜んでくださることを私たちはこの経験を通して学びました。Little Drummer Boyの演奏に微笑まれたイエス様のように、私たちの信仰を見て、主は微笑んでくださいます。 Praise the Lord!!

“信仰がなくては、神に喜ばれることはできません。”(ヘブル11章6節)

 ~スティーブンス・栄子先生の証しより~

f0229700_15382597.jpg

[PR]
by carbondalle1996 | 2015-12-13 15:39 | 日記 | Comments(0)
<< 六か月目に 土曜スクール・クリスマス会 >>