ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

モーセとエリヤの共通点

f0229700_6421913.jpg


すると、見よ、モーセとエリヤが彼らに現れて、イエスと語り合っていた。(マタイ17:3)

 モーセは律法を代表し、エリヤは預言者の代表です。ユダヤ人は聖書のことを律法と預言者と呼びますから、この二人は旧約聖書を代表しているとも言えます。二人の共通点があります。二人とも死が確認されていない。モーセは約束の地カナンに入る前に死にましたが、その体は神様によって隠されました。またエリヤは生きたまま天に上げられました。そしてもう1つモーセとエリヤの共通点があります。それは山です。

 モーセはシナイ山に登り、そこで神様から十戒を与えられました。神様と出会った後、モーセの顔は光を放ったとあります。エリヤも山に登って神様に出会った一人です。何という山でしょうか。それはホレブ山です。エリヤはカルメル山に登ってバアルに仕える450と戦って勝利した後、イゼベルに命を狙われて逃げました。どこまで逃げたかというとホレブ山です。

 このホレブ山は現在のサウジアラビアにあると言われていますから、およそ400km以上逃げたと考えられます。ホレブ山に登ったエリヤは、「エリヤよ、あなたはここで何をしているのか」という神様の声を聞きました。神様はエリヤに「バアルにひざをかがめない七千人を残している」と言いました。そして今、イエス様はヘルモン山に登り、栄光の姿に代わりモーセとエリヤに出会いました。

 山に登れば神様に出会うという訳ではありませんが、聖書的に祈るために山に登るということは大切なことなのかもしれません。韓国のハレルヤおばさんと呼ばれたチョー・ヨンギ先生のお母さんは、問題があると山に登って何日も祈り続けました。今はその場所に祈祷院が建ち、韓国中のクリスチャンが来て祈っています。

 山登りというのは苦しい。私は富士山に一度登った経験がありますが、もう二度と登りたくないと思いました。山登りは苦しいからです。イエス様と一緒に登ったペテロやヤコブはどうだったでしょうか。どんなに高い山でも、イエス様と共に登る山は楽しい。私たちの人生も山登りに譬えるなら、辛いことや苦しいことの連続かもしれません。しかし、そんな人生であっても私たちの隣にはイエス様が共に登っておられることを思う時、私たちの心は喜びに変わります。主は今日もあなたと共におられます。
[PR]
by carbondalle1996 | 2016-01-14 06:37 | 日記 | Comments(0)
<< EXODUS メタモーフォー >>