ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

どんなことがあってもあきらめない

f0229700_6505268.jpg


 19世紀のアメリカにR.U.ダービーという青年がいました。時代はまさにゴールドラッシュで、一攫千金を狙った人々が西へ西へと進んだ時代です。コロラド州に来たときに、彼は金が出ると言われた山を購入しました。この山の下には金の鉱脈があるから掘れば必ず金がでると言われて、彼はこの山を購入しました。

 彼は全財産をはたいてこの山を購入し、労働者を雇って山を掘りました。しかし、いくら掘っても、掘っても、金は出てきません。彼は騙されたと思いました。彼は掘ることをあきらめて、二束三文でこの山を他人に売りました。ダービーからこの山を購入した人は、ものはためしにもう少し掘ってみようと掘り始めました。するとダービーがあきらめた地から1m下に金の鉱脈が発見されたのです。

 R.U.ダービーはこの事実を後から聞きました。そしてこのことから彼は大切な教訓を得ました。彼は後に保険業界で働きます。そして彼はやがて全米一の保険セールスマンになりました。彼は自分の成功の秘訣についてこう言っています。それは「どんなことがあっても決してあきらめない。」

 私たちの人生はいかに多くの人々が、神様からの素晴らしい祝福を得る前に、あきらめて祈り続けることを止めてしまっているでしょうか。これは神様の御心だと信じたら、祈りのスコップを持って掘り続けること。

さて、信仰とは、望んでいる事がらを確信し、まだ見ていない事実を確認することである。(ヘブル11:1)

[PR]
by carbondalle1996 | 2016-01-28 06:48 | 日記 | Comments(0)
<< 無学な農夫の祈り 疑わずに信じれば >>