ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

カペナウムにきたとき

f0229700_6382824.jpg


彼らがカペナウムにきたとき、宮の納入金を集める人たちがペテロのところにきて言った、「あなたがたの先生は宮の納入金を納めないのか」。(マタイ17:24)

 イエス様と弟子たちはピリポ・カイザリヤから南下してガリラヤ湖畔の町カペナウムに到着しました。ピリポ・カイザリヤからカペナウムまではおよそ40km。秋田駅から羽後本荘駅くらいの距離です。大人の足で1日の道のりです。

 カペナウムはペテロの家があり、イエス様のガリラヤ宣教の拠点でもありましたから、彼らにとってみればホームタウンへ帰って来たようなものだと思えます。そこで「宮の納入金を集める人たちがペテロのところにきて言いました。『あなたがたの先生は宮の納入金を納めないのか』」と。原典のギリシア語では「2ドラクマを集める人たち」とあります。2ドラクマは貨幣の単位で、労働者二日分の労賃です。

 労働者二日分とは現在の貨幣価値で考えるといくらぐらいでしょうか?先進国と発展途上国とでは当然違います。しかし聖書はそれを等しく集め、宮の納入金として集めました。私たちにとって二日分の給料は大きな額です。しかし、私たちが強制されてではなく、また惜しむ心からではなく、喜んで捧げるときに神様御自身がそれを喜んでくださると信じます。パウロは豊かに蒔く者は、豊かに刈り取るとも教えています。今日も私たちは豊かに蒔く者となりましょう。
[PR]
by carbondalle1996 | 2016-02-01 06:38 | 日記 | Comments(0)
<< いのちのあがないと神殿税 記憶から忘れ去られてしまった頃 >>