ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

Then the sons are free.

f0229700_1532317.jpg


ペテロが「ほかの人たちからです」と答えると、イエスは言われた、「それでは、子は納めなくてもよいわけである。(マタイ17:26)

 口語訳では「それでは、子は納めなくてもよいわけである」と訳されておりますが、原典のギリシア語は「それならば子たちは自由である」です。英語の欽定訳は原文のまま「Then the sons are free.」と訳しています。単数形ではなく複数形です。王様の子は自由ではなく、王様の子供たちは自由だとイエス様は言いました。出エジプト記30章に神殿税の意味が記されておりました。その意味は「いのちをあがなうため」です。

 神様は律法においてイスラエル人全てに半シケルという同じ額を収めることを命じました。それは贖いを教えるためであり、一人一人のいのちの値段は王様も乞食も同じだということを教えるためでした。しかし神の子なるイエス様が地上に来られました。そしてこの約半月後にイエス様は十字架に掛かります。それは全人類の罪の贖いのためでした。イエス様が私たちの罪を贖ってくださったから、私たちはもう贖いの半シケルを払う必要はなくなりました。
[PR]
by carbondalle1996 | 2016-02-06 15:31 | 日記 | Comments(0)
<< 神の子どもとされる特権 銀貨一枚が見つかるであろう >>