ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

よいかたはただひとりだけである

f0229700_17236100.jpg


イエスは言われた、「なぜよい事についてわたしに尋ねるのか。よいかたはただひとりだけである。もし命に入りたいと思うなら、いましめを守りなさい」。(マタイ19:17)

 イエス様の言葉は、「なぜよい事についてわたしに尋ねるのか。よいことについて尋ねるのであれば、良い事を律法の中に啓示された神様に尋ねなさい。あたなの問いに答えることができるお方は唯一なる神様だけです。あなたが天国に入りたいと望むなら、唯一なる神様が記した律法を守りなさい」という意味。

 この青年は誰が善い方であるかを本当のところ知りませんでした。小さい頃から教会に通い、父母の言いつけを守り、ラビからすばらしい訓練を受け、模範生と呼ばれるほどだったかもしれません。それでも本当のところ、彼は知らなかったのです。誰が善いお方なのか?善い方はラビ?教師?律法学者?パリサイ人?会堂管理者?イエス様はそんな彼を見て言いました。「よいかたはただひとりだけである」と。
[PR]
by carbondalle1996 | 2016-04-17 17:17 | 日記 | Comments(0)
<< 伊藤ハナ姉の召天記念日 先生、永遠の生命を得るためには >>