ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

フィラデルフィア

f0229700_17144847.jpg


不作法をしない、自分の利益を求めない、いらだたない、恨みをいだかない。(Ⅰコリント13:5)

 2つ目の愛はフィレオーと呼ばれる愛です。これは兄弟愛とか友情と訳される言葉です。ストルゲーの愛が親とか先生という縦の関係で生まれる愛に対して、このフィレオーの愛は横の関係で生まれる愛です。親から愛されて育った子供は、お兄ちゃんやお姉ちゃん、妹や弟、また学校へ行くと友達ができます。そうした横の関係の中で子供たちは兄弟愛や友情という愛を学びます。

 私がアメリカ留学時代に「フィラデルフィア」という映画を観ました。弁護士アンドリュー・ベケット(トム・ハンクス)は所属する一流法律事務所で上級弁護士を目指しながら、家族・周囲に暖かい善良な人間だった。そんなある日、昇進のかかった訴訟の間際、思いがけぬトラブルに見舞われ、さらにエイズ発症という理由で突然事務所を解雇されてしまいます。

 これを不当解雇としてアンドリューは訴訟を起こそうとするが、行く先々の弁護士に断られ、かつて相戦った黒人弁護士ジョー・ミラー(デンゼル・ワシントン)にも助けを求めるが、エイズ及びゲイに無関心なジョーもこれを断りました。

 クリスマスの夜、ジョーは思いがけず図書館でアンドリューを目にする。それは図書館員から差別的扱いを受けようが、真の正義を求めて戦うやせ細った姿だった。歩み寄り声をかけるジョー。それはひとえに弁護士としての「正義」への信念であり、ベケットとともにこの問題に対して戦う出だしでもあり、一流法律事務所を相手取って訴訟を起こすという、前代未聞な法廷劇の幕開けでした。

 映画のタイトル「フィラデルフィア」は、この物語がアメリカ東部の町「フィラデルフィア」であったこと。そしてこの町がかつては合衆国最初の首都だったことに由来。また主人公がゲイであり、ゲイ同士の友情、また白人の主人公アンドリューと黒人の弁護士ジョーとの友情もまた「兄弟愛」を意味する「フィラデルフィア」に重ねているように思えました。
[PR]
by carbondalle1996 | 2016-05-05 17:22 | 日記 | Comments(0)
<< 条件つきの愛なんて・・・ 愛は寛容であり、愛は情深い >>