ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

教会の誕生日

f0229700_18656100.jpg


 五旬節の日がきて、みんなの者が一緒に集まっていると、突然、激しい風が吹いてきたような音が天から起ってきて、一同がすわっていた家いっぱいに響きわたった。また、舌のようなものが、炎のように分れて現れ、ひとりびとりの上にとどまった。すると、一同は聖霊に満たされ、御霊が語らせるままに、いろいろの他国の言葉で語り出した。(使徒行伝2:1-4)

 聖霊が弟子たちの上に下り、彼らは聖霊に充たされました。このようにペンテコステの出来事は約束の成就だと言えます。神様は約束を必ず守ります。その後、彼らはどうなったでしょうか。ローマ兵に見つからないようにマルコの家に隠れて祈っていた彼らが、大胆にエルサレムの街でイエス・キリストの名によって伝道を始めました。まさにイエス・キリストの証人となりました。この日をキリスト教会では教会の誕生日と呼んでいます。ルカがこの使徒行伝を記してくれたおかげで、教会の誕生日がわかりました。
[PR]
by carbondalle1996 | 2016-05-18 05:07 | 日記 | Comments(0)
<< 秋田朝祷会 神様は必ず約束を守るお方 >>