ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

ぶどう園の主人の心

f0229700_5572545.jpg


自分の賃銀をもらって行きなさい。わたしは、この最後の者にもあなたと同様に払ってやりたいのだ。(マタイ20:14)

 ぶどう園の主人の心は、この最後に来た5時からの労働者にも朝6時から働いた人と同じ報酬を払ってあげたい。それが主人のこころです。考えてみるとこの主人はぶどう園で働く労働者を集めるために朝6時に市場へ行きました。その後、9時、12時、午後3時。そこで立っていた人々をみんな集めてぶどう園で働いてもらったのだと思います。そしてもういないだろうと思って夕方5時に行ったら、まだそこに働けずに立っていた人々がいました。主人は言いました。「なぜ、何もしないで、一日中ここに立っていたのか。」彼らの答えは「だれもわたしたちを雇ってくれませんから。」主人は「あなたがたも、ぶどう園に行きなさい」でした。
[PR]
by carbondalle1996 | 2016-06-07 05:55 | 日記 | Comments(0)
<< ぶどう園の主人の心 契約は契約だとしても >>