「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

幼稚園とクリスマス

f0229700_15513915.jpg

 私は4歳の時に父の仕事の関係で埼玉県に引っ越しました。母親はすぐに幼稚園を探しましたが、どこも定員一杯で受け入れてもらえませんでした。私は行く幼稚園、行く幼稚園で断られるという経験をして、子供心に落ち込んでしまいました。そのような時に新しく幼稚園ができるというニュースが届きました。それは開拓伝道を始めた小さな教会でした。幼稚園といっても小さな一軒家で教室は6畳と4畳半。家から1キロほど歩いて幼稚園に通いました。当時、幼稚園児だった私にとって、毎日1キロ歩くというのはとても遠い距離に感じました。雨の日や台風の日はずぶぬれになりました。

 近所にはモダンで立派な幼稚園があり、そこには大きな園庭とたくさんの遊具。そして送迎バスがありました。私は子供心に幼稚園の送迎バスに乗りたくて仕方がありませんでした。それなのに自分は、毎日幼稚園まで歩いて通っている。どうしてこんな貧乏な幼稚園に入ってしまったのだろう。そう思うと近所の幼稚園が妬ましく、私はどんどん卑屈になりました。

 私は幼稚園での生活をほとんど覚えておりません。しかし、1つだけ私の心に残っていることがあります。それがクリスマスです。クリスマスの日に袋にたくさん入ったお菓子をもらいました。子供心にクリスマスでもらったお菓子がとっても嬉しかったことを覚えています。そしてそのときクリスマス曲を歌いました。それが「きよしこの夜」です。

 私は幼稚園を卒業し、小学校、中学校、高校、大学と進みましたが、二度と幼稚園に帰ることはありませんでした。やがて私の記憶から教会も幼稚園も忘れてしまいました。そして社会人となり、アメリカに留学したときにホームステイ先の教会でクリスマス礼拝に出席し「きよしこの夜」を歌いました。そのとき私はずっと自分が探していたものに気づきました毎年、クリスマスの季節が来ると、仲間たちとジングルベルを歌っても、美味しい料理を食べても、ゲームやカラオケをしても、自分の中に充たされない思いがありました。それが何なのかがわかりませんでした。しかし、ホームステイ先の教会で「きよしこの夜」を歌ったとき、はっきりとわかりました。私がずっと求めていたものは神様だったのです。

 アメリカの留学が終わり日本に帰国した私は、25年ぶりに幼稚園に行きました。あのときはわからなかった。どうして自分だけがこんな遠くの幼稚園に通わなければならなかったのか。自分は幼稚園に断られた落ちこぼれだと思っておりました。しかしそうではなかったのです。すべては神様のご計画でした。神様は右の御手で私を埼玉の町に移し、左の御手で開拓教会をその町に起こし、私をその幼稚園入れてくださったのです。私は落ちたのではなく、神様に選ばれていたことを知りました。私達の人生は刺繍の絵を裏から見ているようです。裏から見てもわかりませんが、表(神の視点)から見るならば、素晴らしい作品なのです。


[PR]
by carbondalle1996 | 2016-12-10 15:50 | 日記 | Comments(0)
<< Happy Birthday! アドヴェント >>