ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

隣人を愛せよ!



f0229700_16082059.jpg
”第二もこれと同様である、『自分を愛するようにあなたの隣り人を愛せよ』。”(マタイ22章39節)

A教会のN先生は、朝祷会の食事の時間にいつもB先生の奥さまの隣に座ります。そしてB先生の奥さまのお話を聞いて、奥さまにいつも優しい言葉、温かい言葉をかけています。あるときB先生の奥さまが骨折してしばらく入院していました。そして退院して朝祷会に来られたときに、「病院にお見舞いに行けずに申し訳ございませんでした。お見舞いに行こうと妻と準備していたのですが、突然葬儀が入って行けませんでした。」私はN先生の言葉を聞いて、自分が道の向こう側を通り過ぎた祭司やレビ人になっていたことに気づかされました。私はB先生の奥さまが入院していると聞いていたのに、お見舞いに行くという思いがなかったからです。

そのとき私はN先生にこう質問しました。「いつも先生は隣の人にたくさんの言葉を語り、本当に優しい先生ですね。」そのとき先生はこう言いました。「いいえ、優しいとかではなく、自分の中で隣人に感心があるから、自然とお話が出てくるのですよ。」私はN先生との会話から、感心を持つことが隣人となってゆくことだと改めておそわりました。

マザーテレサが来日したときに、ノートルダム聖心女子大学で講演をしたそうです。マザーテレサはインドのカルカッタで路上に倒れている人々、これから死ぬ人々、孤児や病人を引き取って、介抱するという働きをしていました。その話に感動した学生たちは、自分達もインドへ行ってマザーの働きを助けたいと申し出ました。そのときマザーテレサは、「ありがとう」と感謝しつつも、「大切なのは、カルカッタへ行くことより、あなたたちの周りにあるカルカッタに気づき、そこで喜んで働くことなのですよ」と優しく諭されたそうです。


[PR]
by carbondalle1996 | 2017-01-26 09:02 | 日記 | Comments(0)
<< ロシアからの贈り物 シェマー・イスラエル! >>