ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

伊藤吉雄兄葬儀

f0229700_08491656.jpg

 葬儀では伊藤兄の受洗の証しが紹介されました。

 私は、罪なき神の子イエス・キリストが、私を罪より救うために十字架につけられた事を信じます。そして、三日目に死人のうちよりよみがえり、その故に、私に永遠の命を与えて下さいました。

私が初めて手形にあった日本ルーテル同胞教団の神学校教会に行ったのは、今から三十九年前になります。そこは田んぼの中の教会で、当時お隣に住んでいた和田家のみなさまとリコーダーの演奏をしたり、小助川先生と卓球をしたりしながらも、私にとっては信仰とは縁の無いものでした。

志保・菜保・幸保の三人の子供達が成長するとともに、クリスマス祝会や特別伝道集会など、妻に誘われて教会に行くようになったものの、顔を出す程度のものでした。妻が信仰生活に入って、長い時が過ぎました。

受洗の七年前の事、妻の妹の邦枝が病気療養のため、私の家にまいりました。彼女の病気は「末期ガン」でした。その事を知ってしまった邦枝から、「私はどうすればいいの。」と問われた時、私は何を言ったらいいのか分からず、「人は人を救う事が出来ない。出来るとすれば、それは神しかいない。」と言ったのです。時々であっても教会へ行ってメッセージを聴いていたため、今にして思えば、「私を通して神が語られたのだ」と思います。それから邦枝はキリストを信仰するものとなり、心の平安を得て天に召されました。

邦枝の死以来、私は、心の平安とは何か、考えるようになりました。そして朝日新聞で当時の聖路加看護大学長・日野原重明氏の「ささげもの」というコラムのなかに、次のような言葉を見つけました。

「わたしは感謝の供え物をあなたにささげます。あなたは私の魂を死から救い………いのちの光のうちで神の前に、私を歩ませられたからです。」詩篇56:13

 この聖書のことばを読んだ時、私のこころは何かに触れた感じがしました。そして、一九九三年九月の渡部暢雄先生の特別伝道集会の時に、今まで妻に背中を突っつかれても立った事のない私が、そのみ言葉により立たされて、前に進む事が出来ました。時が来たのだと思いました。私が神を選んだのではなく、神が私を選んで下さったのです。信仰により、この地上の人生が終っても天国で永遠の命を与えられることは、なんとすばらしい魂の平安でしょうか。感謝致します。

 神をおそれ、敬い、賛美しつつ、皆様方のお祈りにより、神が私の魂を救って下さった事に感謝致します。

私は、二〇一二年九月に急性骨髄性白血病という病と診断され、二回の入院を経て今年の一二月十三日で満七十四歳を迎えます。今も平安を与えられております。主に感謝致します。アーメン。

伊藤吉雄


f0229700_08561607.jpg


[PR]
by carbondalle1996 | 2017-09-05 16:48 | 日記 | Comments(0)
伊藤吉雄兄召天礼拝 >>